【メギド72】非ガチャ産でおすすめの便利なオーブ一覧|2020年5月版

メギド72のクエストを攻略する上でよく使うオーブを一覧としてまとめました。

ストーリークエストや常設イベント、無料ガチャ召喚で入手できるものを選出しています。

非ガチャ産と書いていますが、一部の必ず残しておくべきSRオーブについては載せてあります。

スポンサーリンク

高頻度で使うもの

手持ちのキャラに関わらず利用機会の多いオーブです。

レッドウィング

毎日無料ガチャで頻繁に出てくるRオーブ。

ターン数1の最大33%の攻撃力上昇効果が非常に優秀で、フォトン強化と違って使うメギドが違えば効果が重複することから複数体に持たせてアタッカーにバフの多重掛けをするのに使います。

3、4個作っておいても損がない数少ないオーブなので引いたら必ずとっておきましょう。

禁断の書

特性で装備者の攻撃力を常に上昇させ続けるオーブ。

使用時の攻撃が雷ダメージであるため、帯水地形と合わせて使うこともある。

汎用性が高く攻略に活用することも多いが、ゲームを始めた段階で一つだけ配られる貴重なオーブであるため万が一でも売ってしまわないよう注意!

なお、2020年のエイプリルフールに何故か詫びアイテムとして追加で一つ配られた。

今後も入手手段が増えるかは不明。

シャーベットマン

毎日無料ガチャで頻繁に出てくるRオーブ。

装備者の回復力を大きくあげつつ、効果で単体の防御力を上昇できる。

カウンターの回復役の能力を底上げするために誰でも必ず一つは作っておくべきオーブ。

防御力上昇は全体攻撃で死んでしまう低HPキャラやかばう系盾役の介護が主な使用方法だが、専用オーブで防御力依存の攻撃が行えるガープに重ね掛けして超高威力の攻撃を行う運用もメジャー。

メイジマーマン

装備者の素早さを上げつつ、効果で単体を完全蘇生できる汎用性も強さも抜群なオーブ。

現状、配布ではデメリットなしで蘇生を行えるキャラを手に入れるのは難しい(ストーリーのかなり後の方になるまで手に入らない)ため、ガチャで蘇生役が手に入らなければ蘇生手段としてずっとお世話になる。

手に入っても、蘇生役が落ちた時の保険として使われる。

メイジマーマンを持つメギドが倒されると復帰が不可能になるので、複数枚確保しておきたい。

初心者やベテラン関係なしに使用頻度が高いが、ガチャのSRオーブであるため運が悪いと始めて数か月たっても一向に手に入れられない場合もある。

シェルドレイク(エンキドゥ)

毎日無料ガチャで頻繁に出てくるRオーブ。

装備者の素早さを大きく補正しつつ、効果で味方単体へのダメージを2回無効化できる。

常設ではありませんが、イベントで一枚だけ入手できたエンキドゥは素早さ補正値がより高く、攻撃力アップ効果も付いた完全上位互換であるため入手次第入れ替わります。

防御手段としては単体2ターン無敵や列攻撃1回無効がある以上最適解とは言えない効果なものの、敵に先行できるようになるため活用機会は多いです。

2枚は最低確保しておきたいところ。

スポンサーリンク

カラミティエッグ

毎日無料ガチャで頻繁に出てくるRオーブ。

敵単体の覚醒を減少する効果があり、強力な奥義を放ってくる相手などには重宝する。

念のため複数枚作っておきたい。

ケイブキーパー

敵の攻撃を2ターン無効化する効果が強力。

2個あれば盾役をずっと無敵状態にすることができるので、単体攻撃を主体にする敵はオーブを使えるようになるまで何とか耐えれば完封することも可能。

初心者やベテラン関係なしに使用頻度が高いが、ガチャのSRオーブであるため運が悪いと始めて数か月たっても一向に手に入れられない場合もある。

ミステリートーチ

毎日無料ガチャで頻繁に出てくるRオーブ。

大幻獣を対象とした特攻効果で大幻獣攻略には大抵入ってくる。

使用時効果も突風付与+ダメージであり、突風地形は配布のみならず全メギドの中でも屈指のアタッカーであるアスモデウスのただでさえトップクラスに高い奥義火力を倍化できることからその方向でも利用機会が多いです。

突風は配布(常設化はまだ)のジズがスキル一つで付与できるものの、ジズは他の役割が持てないことやアスモデウスの奥義ゲージが長く、ミステリートーチの発動ターンを待っても問題ないことからキャラが揃ってきたあとの大幻獣戦以外でも使われます。

サタニックリブラ

常設イベントで手に入るオーブ。

装備すると高確率で自動的に「かばう」をおこなうようになるため、盾役に使うスキルフォトンをアタッカーや支援役に回せます。

使用することで自身のHPを大幅回復する効果もあり、盾役の回復手段としても有効です。

フォトン追加系オーブ

宝箱型のSRオーブや、Nオーブのイタチブラスターや水獣ソーサラーが該当します。

運に左右されることなく特定フォトンを供給できるようになるほか、アタッカーが4手目や5手目の行動をできるようになります。

使用可能になるターン数も短いため、オーブの使用ターンを短縮できるフォラスやナベリウスと組み合わせることでさらに使う場面が増えます。

最低2枚ずつは残しておきましょう。

手持ちキャラによっては使用機会が多いもの

手持ちキャラ次第では利用機会が多くなるオーブ。

特定のメギドがいないと、あるいはいるとほとんど使わない場合もあります。

シルバートーム・古の狂竜

状態異常回復・状態異常無効が可能なオーブ。

キャラが揃ってくるとマスエフェクトで耐性を持たせる場面が増えるほか、スキルで毎ターンこれらの効果が発動できるメギドがいるためキャラが揃えば揃うほど利用機会はなくなる。

いなければ、それぞれ2枚ずつ必要となる。

スポンサーリンク

ホーリーフェイク

味方1列に攻撃無効(1回)を張れるオーブ。

この効果自体も強力な列・全体攻撃を仕掛けてくる敵に刺さるので起用機会がが多いのですが、装備時の効果である敵の防御力を一定割合無視する効果が高防御の敵に有効なので利用機会がある。

しかし、防御無視をマスエフェクトで付与できるメギドがかなりいることや、装備対象が優秀なアタッカーが少ないカウンターであることからキャラが揃ってくるとあまり使われなくなる。

列回復系オーブ

主にSRの、猫の姿をしたオーブが該当します。

キャラが揃っていないうちは回復役が奥義で単体回復できるだけのバルバトスのみに頼ることになりますが、正直物足りない性能です。

常設イベントでいつでも回復オーブ「シアンカラット」が手に入るので確保しておきましょう。シアンカラットは他の回復オーブと違って状態回復も兼ねられるため、キャラが揃ってきても使う機会があります。

それ以外は2個ずつあればいいかと思います。

【メギド72】復刻・常設イベント優先度|2020年9月版
メギド72では、過去に開催された一部イベントをいつでも好きな時にプレイできるイベントの常設化が進んでいます。 復刻イベントとして斜め下に表示されるこれらのイベントですが、報酬を得るには少なからぬのスタミナを消費する以上、メインストーリ...

フォトン強化系オーブ

無料ガチャでよく出るエクスプローラーなどのRオーブが該当。

アタックは(まだ常設化されていないものの)イベント配布で手に入るリリム、スキルは常設化イベントで配布されているキマリスに専用霊宝をつければ手軽に強化できるようになるためこれらのメギド、あるいは他のフォトン強化ができるメギドがいれば使用機会は限られます。

いなければ強化手段として頭一つ抜けた効果であるため、1個ずつは確保しておきたいところ。

一応、フォトン強化ができるメギドは耐久力に難がある場合が多いのでフォトン強化ができるメギドが育っていても利用する機会はあります。

列覚醒アップオーブ

ゴルゴンなどが該当する指定された1列の覚醒ゲージを1増やすオーブ。

序盤は列をそろえられるだけキャラが揃っていなかったり、ガープだけ前衛にして攻撃を集中するワントップ戦略をとることが多いので利用機会は限られますが、列をそろえれば味方全体の覚醒ゲージを増やせる強力なオーブです。

バーサークや協奏など、キャラが揃ってくると列をそろえて運用する戦略も多いため、3枚程度は合成などに使わずに保護しておくのをオススメします。

後になってほしくなってもなかなか出ないので。

レイジファントム

ストーリーで手に入るSSRオーブで、敵の回復をダメージに変えるゾンビ状態にする効果がある。

替えが効かない性能であり、常設イベントで手に入るジニマルと組ませることで一部の難敵のギミックを踏み倒せる。

活躍機会は少ないものの、特定の場所で最適解・必須となるオーブ。

EXオーブ編

大幻獣を倒すことで手に入るオーブは一部攻略に必須クラスのものもある一方、大量のSTと時間をかけてとっても結局使わないような微妙なものもあります。

優先して取っておくべきオーブをまとめました。

ベインチェイサー

元々優秀な盾役であるガープの防御を大きく引き上げる専用オーブ。

これだけでも取得必須な強力な効果なのですが、真価はその点ではありません。

1ターンごとに攻撃力の代わりに高い防御力を参照した攻撃ができるのですが、防御力は攻撃力よりも高倍率のバフが盛りやすく、また、上昇させることで盾役としての性能も上げられます。

攻防一体な強力な運用ができるようになるため、大幻獣の中では最優先で入手を狙うのをおすすめします。

スポンサーリンク

真珠姫ルゥルゥ

毎ターン点穴を上昇させ、使用することで固定砲台状態になれるベリアルの専用オーブ。

ベリアルは多くの高難易度ステージで使うことになる替えの利きづらいキャラですが、正直このオーブを持っていないと点穴が貯められない上、固定砲台になるために覚醒ゲージを貯めなければいけないので非常に使いにくいです。

点穴が最大値になるターン数の関係上、自身のマスエフェクトと1ターン目のスキル一発だけでは☆1と2に差がないのでとりあえず使う分には☆1で問題ありません。

点穴を支援できるサラやサタナキアなどがいる場合は、オーブの使用できる3ターン目に無理なく最大値の固定砲台が打てるようになり、ギミック無視で様々な敵が倒せるようになるので他の諸々に優先して☆3を目指すことをオススメします。

通常運用でも☆3にすれば4ターンで転結を最大値にできるようになりますが、☆3にするために素材として要求されるオーブのドロップ率が異常に低いことから普通に運用する上では☆1で止めて問題ありません。序盤では1ターン縮めるためだけにあの苦行をする必要性は薄いです。

支援役がいなければ点穴の上限を上げる霊宝の確保に目途が立った後☆3にするのが無難です。

ポルターガイスト

装備者のHPを上げ、使用で攻撃力を上昇させつつアタックフォトンを二つ追加するパイモン専用オーブ。

パイモンはフルオート適性が高く、チケットを用いない周回で使うことが多いメギドです。

このオーブはフルオート適性をさらに上昇させるので、あると快適に素材集めやイベント交換アイテム集めができるようになります。

☆を上げることで得られる効果の上昇幅が小さい上、以前よりだいぶ緩和されたとはいえ、周回に時間がかかる大幻獣なので当分は1枚とっておけば大丈夫です。

ガオケレナ

装備者に海洋生物特攻を付与し、使用で敵1列に帯水地形を付与するオーブ。

ストーリーの要所や難所、レア素材のドロップ箇所には海洋生物の敵が多く、アタッカーとサブアタッカー用に2枚は欲しいオーブです。

また、バエルやシャックス・シャミハザなど配布アタッカーには雷攻撃を行うメギドが多く、雷攻撃の威力を倍加する耐水地形を広範囲にできるこのオーブを起用する場面は多いと思います。

なお、バエルについては専用オーブユグドラシルがありますが、正直バエルとかみ合わないので特性や攻撃を伸ばせるガオケレナが実質的に専用オーブのような立ち位置になっています。

入手のしやすさや周回のしやすさもユグドラシル亜種のガオケレナの方が勝っており、現状ではどちらも倒せるのであればバエルの素材集め自体をガオケレナで行う方が効率的です。

その他

6章以降のストーリーで手に入るメギドの専用オーブはどれもあると便利なものの、他は苦労してまで取る価値は薄いです。(雷アタッカーが少ない場合にルゥルゥ攻略でケラヴノスが欲しくなるくらいでしょうか)

星間の造花集めのついでくらいに考えてよさそうです。

ストーリー産でピンポイントや、常設以外のイベント入手で有用なものなんかは後々まとめます。

【メギド72】復刻・常設イベント優先度|2020年9月版
メギド72では、過去に開催された一部イベントをいつでも好きな時にプレイできるイベントの常設化が進んでいます。 復刻イベントとして斜め下に表示されるこれらのイベントですが、報酬を得るには少なからぬのスタミナを消費する以上、メインストーリ...
【メギド72】霊宝のおすすめ一覧|2020年9月版
メギドに霊宝が実装されてからしばらく経ち、当初は育成が終わって素材が余っている人のみが作っていたものが最近では専用霊宝の実装やイベント限定霊宝の実装もあり、広く使われるようになってきたように思います。 この記事では特におすすめの霊宝を...
タイトルとURLをコピーしました